Search
Search Menu

多くの主婦がコインランドリーを利用

今、コインランドリーがブームになっているのをご存じでしょうか?

かつては洗濯機を持っていない独身者が使うものというイメージだったコインランドリーも、今ではすっかり様変わりしています。

そもそも、冷蔵庫、テレビと並んで洗濯機が「三種の神器」と呼ばれるようになったのは、既に半世紀以上前のこと。

今ではどこの家庭でも当たり前のように洗濯機があり、たとえ学生であっても一人暮らしするなら洗濯機を用意するのが普通になっています。

そういうわけで、現在は、洗濯機がないからコインランドリーを使うという人は、それほど多くはありません。

昨今のコインランドリーの主な利用者は、独身層ではなく、家庭の主婦層。

家の洗濯機を使わず、コインランドリーの洗濯機を使って時々洗濯をするという主婦が多いのです。

洗濯をするときには、家庭の洗濯機とコインランドリーの洗濯機を使い分けるのが便利と考える人が増えているということです。

大きなものも洗えて乾燥もできる

コインランドリーと言えば、昔は銭湯に併設されていて、家庭用の洗濯機と変わらない大きさのタテ型洗濯機が設置されているのが一般的でした。

しかし、最近のコインランドリーは、郊外にあって、大型のドラム式洗濯機を多数置いているところが多くなっています。

敷地も広く、駐車場もありますから、車で布団などの大きな洗濯物を持ち込むことも可能。

布団は家庭の洗濯機では洗うのが難しいですし、クリーニングに出すとなると費用もかかってしまいますから、大型洗濯機で洗えると大変便利です。

コインランドリーには洗濯機だけでなく乾燥機も設置されていますから、洗った後は乾燥までいっぺんにできるのも魅力。

特に、雨の日には洗濯物が乾きませんから、通常の洗濯物でもコインランドリーの乾燥機を使ってしっかり乾かせるのは嬉しいものです。

このように、便利な使い方ができるコインランドリーは、主婦の心強い味方となっています。